景品表示法について

過大な景品付販売や消費者に誤認されるおそれのある誇大・虚偽表示等を禁止している法律です。

懸賞及び景品類の提供の制限について

キャンペーンのときにあげられる景品額は、景品表示法で上限が規制されています。

取引に関連して景品をあげる場合

「購入」等の条件を設けて購入者や来店者のみを対象とする場合。

抽選で景品を渡す場合(一般(クローズド)懸賞)

(1)お客様一人あたりの景品額
・取引額が5000円未満の場合・・・最低取引額の20倍まで
・取引額が5000円以上の場合・・・10万円まで

(2)全部の景品の合計額
景品合計額は、キャンペーン期間中の売上予定総額の2%以内

全員または先着順に景品を渡す場合(総付景品)

景品は取引価格の10分の2となります。景品額の上限、景品総額の制限はありません。

(1)お客様一人あたりの景品額
・取引額が1000円未満の場合・・・200円まで
・取引額が1000円以上の場合・・・最低取引額の10分の2まで

(2)全部の景品の合計額
規制なし

取引に関係なく景品をあげる場合(オープン懸賞)

一般に対して告知し応募者を募る懸賞方法。購入などを条件としません。景品の最高額は1000万円となります。

(1)お客様一人あたりの景品額
規制なし
※かつては1,000万円が上限でしたが、現在は上限が撤廃されています。(2)全部の景品の合計額
規制なし
※「取引価格」とは
景品をあげる前提となる取引価格(額が不明ならば販売しているもののうち最低額を指します) ・ただし、正常な商慣習からみて値引きやアフターサービスと認められる経済上の利益や、取引の対象となっている商品、又はサービスに付随すると認められるものは、景品類に含まれません。 (例)見本品・開店披露品や創業記念品・アフターサービス・値引き(キャッシュバック・同一商品付加・他商品減額割引券 等)
※「最低取引額」とは
その懸賞に応募するために支払わなければならない、一番安い取引金額になります。(取引額が複数あり取引金額が未定の場合は100円、もしくは取り扱っている商品の一番安い価格になります。)
※「売上予定総額」とは
キャンペーン期間中の対象となる取引をするお客様からの売上予定総額です。広告売上ではありません。

キャンペーンの記載について

客様に誤解のないよう以下の項目について記載いただけますようお願いいたします。

・応募資格
・応募条件
・応募方法
・適用除外
・応募期間
・抽選の時期
・当選者への連絡方法
・商品の発送時期
・応募の際の個人情報の取り扱い

 

消費者庁 景品表示法についてはこちらを参照ください。
>>「消費者庁 景品表示法について」(外部リンク)