非暗号化(HTTP)ページに警告を表示Google Chrome

Chrome 68が公開される2018年7月以降、HTTPSの暗号化を使用していない全サイトにマークをつける。
Chromeは全HTTPサイトを ‘not secure’[安全ではない]として、URLバーに目立つように表示する。

近く公開されるアップデートからは、入力フィールドの有無に関わらずHTTPサイトすべてが「安全ではない」と識別されるようになる。

 

参照元:原文サイト