SMB1.0が関係する不具合

SMB(Server Message Block)は、Windowsネットワークにおける標準のファイル共有プロトコル。
最も古いものはバージョン1で、Windows 10(Creator Update)でもサポートされている。
しかし、
SMB1.0は古いプロトコルであり多数の脆弱性を抱え、また上位のバージョンよりも性能面等で劣るため、SMB1.0を使用しない場合にはSMB1.0は停止しておくことが推奨されます。

SMB1.0は勝手に無効化されることがある

Windows 10 Home と Windows 10 Professional をクリーン インストールした場合、既定で SMB1.0 クライアントはインストールされる。
しかし、SMB1.0クライアントが使用されていない期間 (コンピューターの電源が切れていた期間を除く) が合計 15 日間になると、SMB1.0は自動的にアンインストールされるらしい。

また、
Windows 10 Fall Creators Update と Windows Server バージョン 1709 以降のバージョンの既定では SMB1.0はインストールされない。

なので、

突然NASや複合機との接続が切れてしまう!!
各メーカーで解決策や複合機ごとの対応状況が載っているので紹介します。

RICOH
ランサムウェア「WannaCry」による、リコー製品への影響と対応方法について。

KONICA MINOLTA
クライアントPCでのSMBv1無効化による弊社複合機への影響に関するご案内

Canon
オフィス向け複合機におけるランサムウェア「WannaCry」の影響と対応策について